仮想通貨って、今どうなのか?

今回は最近盛り上がっている仮想通貨について考えてみたいと思います。

2017年の暮に230万の史上最高値を記録して猫も杓子もBitcoinに溺れて億り人なる言葉も一斉風靡したのも懐かしいですね。

もちろん私も指を加えて眺めてた一人でしたがその後の急落の阿鼻叫喚のSNSもすごかったですね。

このような変動幅が大きなものは他の投資商品ではあまり見れないのでいい勉強になりますが。。

ところで仮想通貨と一口にいってもたくさん種類があります。一説には世界中では2000種類以上の通貨あるとか。

もちろん全部把握して取引するのは非現実的です、最初の内は主要なものだけ覚えておけば問題ないと思います。

そこで有名なもの、日本で取引が多い代表的な仮想通貨を挙げてみます。

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・ネム(NEM)
・モナコイン(MONA)

こんなところでしょうか。

ビットコインは言わずもがな、最も有名な仮想通貨ですね。現在においても仮想通貨の世界で大きなシェアを占めています。そのシェアは仮想通貨全体の60%以上にもなります。

時価総額も桁違いで20,271,958,198,142円とパッと見て桁が分かりにくいですが実に20兆円オーバー!

続いて時価総額2位2兆5千億円でイーサリアムが続きます。イーサリアムは「スマートコントラクト」という、契約情報も台帳で管理できる技術で知られています。

時価総額3位のリップルは1兆5千億程、リップルはかなり理解するのが難しくて、僕はまだ完全に理解できていませんが、リップルを仲介通貨として利用することで、国際送金などをスピーディに行うことができるようです。

6千7百億円で時価総額4位のライトコインはビットコインに似ている通貨でありながら、決済速度が上がっていたりするなどの違いがあります。

日本では人気のネムですが時価総額で見ると6百億程と20位程に沈んでいます。

そのネムはProof of Imporatanceという指標を持っており、財力やそれによるシステムではなく、ネムをよく使う人がより大きな利益を得られるようにしています。

日本生まれの仮想通貨モナコインの時価総額は9百億程で時価総額で見ると15位前後と検討しています。モナコインは日本国内で使えるところが増えてきている技術力の高い仮想通貨ですね。

こうやって見ていくと「仮想通貨ってどれを買うのが良いの?」というのは誰もが思う疑問ですが、かなり難しい技術の話を理解する必要があるので、答えるのがかなり難しい質問でもありますね・・・。

初心者の内は時価総額が多い仮想通貨での取引を中心に行い、また情報がまとまっているサイトなどでコインの特徴や一番のシェアを持っているBitcoinとの相関関係などを勉強をしていくのが大事なのかなと思いました。

これから仮想通貨を始めようと思っている方も多いと思いますが、投資はくれぐれも余剰資金内で取引することを肝に命じて行いましょう!

投資する際に注意したいこと

今日はこれから投資を始めてみたいな~という方のために、まず投資で注意することをまとめてみました。僕もまだまだ初心者ですがここ数ヶ月の間に気づいた5つの事を忘備録として記したいと思います。

1.リスクがある

2.全財産をつぎ込まない

3.情報を鵜呑みにしない

4.暴落に慣れる

5.専門用語を勉強する

上記の5つは、投資をするうえでとても重要なことだと思います。

まず1の「リスクがある」に関してです・・・・
投資なのですから当然ですが、でも、億り人になれる!儲かる!というメディアの影響からか、安易に勉強もしないで参入する方がとても多いのが現状です。そんなに甘いもんじゃありませんよね投資は。

次に、2の「全財産をつぎ込まない」・・・・
全財産をつぎこむことは絶対にやめましょう。さすがにここまで、ギャンブラーな人は少ないはずなのですが、それでも全財産つぎ込んで暴落して破産した…という話は後を絶ちません。

次に、3の「情報を鵜呑みにしない」です。・・・・
これも非常に大切です。投資の情報は巷で溢れんばかりになっていますが、実際どの情報が正しいのかなんてのは誰にもわかりません。

テレビで言ってることも、投資に精通してる人間からするとすごく適当なこと言ってることもあるらしいし…特に、Youtuberなどのインフルエンサーには十分に気をつけなければなりません。ちゃんと、自分の中で情報を吟味できて、しかも詳しい人間に相談できる環境だといいですね。

その次の4は、なんと「暴落に慣れる暴落になれろ!」です。・・・・
投資って価格変動が大きいんですよね。つい先日まで50万くらいだったのに、今日気づいてみれば200万になってる…!!なんてこともしょっちゅうです。逆に大暴落時には200万から50万まで落ちることも。

しかし、ちゃんと戻ってくるんですよね。このように価格変動がとても大きいので、これに一喜一憂していると神経が持ちません。全財産を投資していたらなおさらです。。。

なので大暴落が起きても焦って売ったりするのはおすすめしないです。そのためにも自動で利益や損失を確定してくれるストップロス設定はポジションを持ったら必ず一緒に設定するようにした方が良いです。

最後に5の「専門用語」ですね。

投資に関するサイト等を見てみると分かりますが専門用語だらけです・・・、隠語・造語のような単語も多くて、パッと読んでも何を読んでいるのかさっぱりわからなくなると思います。

なので、専門用語を調べることはとても重要!例えば今流行りの仮想通貨の用語だけを見てみても、「GOXする」とか、「2段階認証」とか「ハードウォレット」とか、「何百種類もある仮想通貨の名前」だったり、最初は理解するのが大変かとは思いますが、取引するサイヤ勉強する際には必ずと行っていいほど目の前に立ちはだかりますので、自分で調べる癖をつけてくださいね。

「投資って実際どうなの?」
「投資って大丈夫なの?」

色々、疑問が湧いていると思いますが、比較的分かりやすく解説しているサイトがあったのでシェアしときます!

https://www.crypto-coinjp.com/

他にも、初心者目線の仮想通貨情報のサイトって多いと思うので、色々覗いてみてください。

人生はどうあるべきか

趣味の犬や投資、仮想通貨についてお話ししています。

 今回はラブラドールのお話を少ししたいと思います。AKC®登録統計によると、カナダからの優しく、知的で家族に優しいラブラドールレトリーバーは、米国でも最も人気のある品種です。この多彩な狩猟犬種は、黄色、黒、チョコレートの3色から選べます。そして彼の主人を喜ばせるのに適するため、捜索救助隊の一員として、または法執行機関による麻薬探知においても優れています。

ラブラドールレトリーバーのAKCブリードスタンダード

カラーラブラドールレトリーバーの色は、黒、黄色、チョコレートの3色が代表的なカラーです。

他の色または色の組み合わせは失格です。胸部の小さな白い斑点は許容されますが、望ましくありません。加齢や瘢痕化による白髪が盲検と誤解されてはいけません。

 – はすべて黒です。ブリンドルマーキングのある黒または黄褐色マーキングのある黒は失格です。

黄色 – 黄色はキツネの赤から淡いクリームまで、色はさまざまですが、犬の耳、背中、下の部分に濃淡があります。

チョコレート – チョコレートは薄いチョコレートから暗いチョコレートまで色合いが異なります。ブリンドルまたは黄褐色のマーキングのあるチョコレートは失格です。失格:規格に記載されている、黒、黄色またはチョコレート以外の他の色または色の組み合わせ。

シルバーのポジション

ラブラドールに銀遺伝子の遺伝的根拠はありません。銀色は品種のための規格の下で失格です。LRCは、ラブラドールの販売または宣伝を銀ラブラドールとして認め、容認し、または容認しません。クラブは銀をチョコレートとして登録することに反対しています。

犬の交雑とは反対で、特にラブラドールレトリーバーと他の犬との意図的な交配に反対です。これらの雑種はこれらのデザイナー犬に利点があるという考えで大衆を誤解させる意図的な試みです。交雑犬は両方の品種の遺伝的疾患のすべてになりがちであり、純血種の犬を所有することが提供しなければならない利点のどれも提供しません。